今年で5回目となる房総コラボ。スタンプラリーキャンペーンで112店舗ものお店が一斉に房総エリアをにぎわします!

房総コラボの歩み

房総コラボのはじまり

2012年当時、この君津、木更津地域でFacebookを使い色々と自分のお店を盛り上げていた人同士が繋がり、3店舗から始まったイベント。 業種業態関わらず、頑張っているお店同士で何か楽しいことしたいよね。 ということがきっかけで始まったコラボキャンペーンです。

房総コラボキャンペーンの変遷

第1回
開催期間
2012年9月15日~10月31日
参加店舗数
3店舗
ルール
フェイスプックのチェックインで サービスを提供
原点 2013年9月

石川商店(お米屋さん:君津市)
亀山温泉ホテル(旅館:君津市)
九州ラーメン友理(ラーメン店:木更津市)

SNSで繋がりのあった上記3店で始まったキャンペーンが原点。Facebook創成期の波に乗って「Facebookのチェックイン」を利用したキャンペーンでした。
(いづれかのお店を利用し、チェックインすると、残りのお店で利用できるサービス券を進呈するもの)

イメージ

第1回のサービス券

ラーメン食べて、お米屋さん行って、温泉に入る。

例えば、こんな流れで相互のお客さまがお店を回って、楽しんで頂けたらいいなぁ~との思いで始めたキャンペーン。
無意識でしたが、この時既に市区町村の枠は飛び越えてたんですね。

当時としてはFacebookを利用したキャンペーンとして珍しいもので、ユーザーには大変喜んで頂きました。

第2回
開催期間
2013年11月1日~10月30日
参加店舗数
5店舗
ルール
ルールチェックインによるクーポンとスタンプラリー
次への布石

前年の3店舗に加え、新たに木更津の雄
せんねんの木(バウムクーヘン専門店:当時2店舗)
アンティークサロンエルズ(美容室)
2店舗3ヶ所を加え、合計5店舗(6ヶ所)で開催。

前回開催以降、Facebookを中心にSNSを通して、繋がりの幅が広がり、お食事会や夜の飲み会などを通して交流を深めていたので、当然の流れで共同開催となりました。

この時もFacebookのチェックインが必須。更にチラシには「済」のスタンプを押すという実質的にスタンプラリーでした。
まだ参加店が少なかったので「全店制覇された方には賞品プレゼント!」っていう特典もありました。

イメージ

第2回のチラシ/サービス券

5店舗とはいえ、Facebook上もリアル店舗も大賑わい。
この盛り上がりが次への布石となるのでした。

第3回
開催期間
2015年1月23日~2月22日
参加店舗数
45店舗
ルール
フェイスプックのチェックインで サービスを提供
参加店舗大幅拡大と房総コラボの命名

5店舗で開催した前回。
Facebook上では、開催期間中大賑わい。そんな盛り上がりを見ていた人の中から「次回は参加したい」とご意見が見られる様になって来てました。

そこで、調子に乗って(笑)
オープンに参加募集した最初の回がこの第3回です。多少勧誘した部分もあるけど、結果、この時参加してくれたのは45店舗。正直驚いた記憶があります。

45店舗の参加表明受けて、初めて「房総コラボ」とキャンペーンに名前を付けたのでした。
この時は、イキナリの店舗数の拡大で、できるだけシンプルなルールにしたい思いから、「1会計につき、1枚の応募券を渡す」方式。

しかし、たくさんご来店のある店舗とあんまりご来店のない店舗との応募券獲得の格差があり、それによって様々な問題が発生。
これが次回のスタンプラリーへの布石になりました。

イメージ

第3回のチラシ/サービス券

この第3回、様々な問題が出ましたが、今となっては、いろんな経験をさせてもらったキャンペーンでした。

第4回
開催期間
2016年3月25日~4月25日
参加店舗数
71店舗
ルール
ルールスタンプラリー(スタンプ3個でプレゼントに応募できる)
房総コラボとして2回目の開催と、スタンプラリーの採用

この回からスタンプラリーを採用。
前回45店舗でのキャンペーン以後、良かったこと、改善しなければならないことを話し合いつつ、募集を開始した房総コラボ。

フタを開けたら参加店舗71店舗。
やはり、周りの感心の高さを感じました。

これまでの木更津、君津、富津、袖ヶ浦、市原に加え、初めて館山、鴨川エリアからの参加があり、ますます「房総を巻き込む房総コラボ」としての価値を高めました。

イメージ

第4回のチラシ/サービス券

そして第5回房総コラボ開催へ

第5回の開催期問は、2017年4月1日から5月14日の44日問となります。
今回も多くの店舗の参加が予想さています。

ただ関係者は「まだまだ発展途上」と思っています。
それは、毎回細か く変わる房総コラボのルールから見て取れます。

だがしかし、変化の早い今の 時代では、積み上げてきた形にこだわらずに思い切って内容を変えていく柔軟性、そして新しいものを取り込んでいく積極性、それが第5回目となる房総コラボの継続に繋がっているのではないでしょうか。